お子様によってアプローチが違います。

子どもの矯正は、歯に直接アプローチすると言うよりは、
さまざまな状態に対して、お子様の成長を利用して骨にアプローチしていきます。

いわゆる

「でこぼこ」 「出っ歯」 「受け口」

によってアプローチが異なります。

「でこぼこ」のとき

「出っ歯」のとき

「受け口」のとき