子どもの矯正は取り外し式の矯正装置を用います

とみざわ歯科・矯正歯科の小児矯正は、
みなさまが「矯正治療」と聞いて、想像するような金属のワイヤーではありません。

ご自宅でのご両親の管理のもと、
下にあるような、ほぼ痛みのない夜寝る時だけの取り外し式の装置を使用します。

拡大装置

ネジを回すことで、骨が横方向に広がり、永久歯が生えるスペースを作ります。
ネジ回しは、本人ではなくご自宅でご両親に行っていただきますので安心です。

しぼるプレート

前歯を奥にひっこめたい時や、空いているスペースをふさぎたい時に使います。

バイオネーター

下顎が小さいことによって出っ歯になってしまってる時は、
下顎を前に誘導させることで、下顎の成長を促進させていきます。

ヘッドギア

奥歯を奥にひっぱって前方にスペースをつくり、でこぼこや前歯のでっぱりを改善していきます。

ブラケット装置

基本的には上記のような取り外し式の装置のみで行いますが、 どうしても取り外し式装置が使えない場合や、治療の途中で必要な場合にのみ使用していきます。

ブラケット装置が必要な場合の例。

@前歯2本の間のスキマが大きい場合
A受け口の場合
B開咬の場合
C顎(あご)と歯の大きさが、極度に不調和の場合