医療費控除を上手に利用しましょう

医療費控除とは、医療費が税金の還付対象になる制度です。
具体的には1年間に医療機関に支払った医療費が10万円以上だったときに、医療費控除の対象となります。

この制度を利用すると、その年の医療費の負担を軽くすることが出来ます。
(場合によっては半額以下になりこともあります)

矯正歯科のような費用が高くなるような治療を行った場合は医療費控除の対象となることが多いのです。
その結果、矯正歯科治療の費用負担も軽くするようなことが可能となります。

実際に医療費控除で実際に戻ってくる金額は?

医療費控除される金額は下のような計算方法で算出することができます。

医療費控除額=医療費の合計額ー保険金で補填される金額ー10万円

控除額は所得税率が高いほど高くなっていきます。
つまり、高額所得者ほど医療費控除で還付される金額が多くなっていくという仕組みになっています。

どうやって医療費控除を申告するのでしょうか?

もちろん、医療費控除を受けるためには確定申告をしなくてはいけません。

年末調整を会社で行っているサラリーマンの方も確定申告することが必要です。

また、自営業の方は通常の確定申告と一緒に申告をすることになります。
必要な書類を揃えて、地域の税務署や申告会場へ行きましょう。