全く見えない矯正治療法です

裏側矯正

裏側矯正は専門用語でリンガルブラケット法と呼ばれ、
通常の一般的な矯正治療では見えてしまう矯正治療の装置とワイヤーをすべて歯の裏側につけます。

他の人からは矯正治療中であることが全くわからない最新の矯正治療法です。

芸能人やモデルなどのお仕事の方には御用達の治療法と言われています。

人に治療中であることを知られたくない方へ

わからない

人に気づかれたくないといった、お仕事上の理由や結婚式を控えていらっしゃる方、
その他にも色々な理由や悩みをお持ちの患者様ひとりひとりのライフスタイルに合わせた矯正治療が大切なのではないかと考えております。

裏側矯正はメリットが多い治療法です

リンガルブラケット

歯の裏側から行う矯正歯科治療は、
周りの人からの視線を気にする事なく矯正治療を進められるすばらしいメリットがあります。

そして当院の矯正歯科では裏側矯正の中でも最新の矯正装置で、
一般的な裏側矯正よりも、もっと小さいものを用いています。

矯正装置が小さくなる事で裏側矯正でデメリットと言われていた違和感も少なくなり、ブラッシングも非常に行いやすくなったことは多くの方に喜ばれています。

ご希望に応じた表側と裏側の使い分け

実際の裏側実際の舌側

患者様の希望によって上下共に裏側で行う矯正治療も対応しておりますが、
費用をおさえつつ、裏側矯正をお考えの方は「ハーフリンガル」という方法もご用意しております。

ハーフリンガル(上の歯だけ裏側)は、
下の唇に隠れるので矯正歯科治療をしていることがほとんどわからないことが多いです。

矯正治療自体の料金も押さえられて非常に人気の治療法です。

裏側矯正専門の歯科技工士と連携しております

裏側矯正症例

歯の裏側の形態は表側と違い、凹凸があり一人一人違います。
そのため、表側からの矯正治療のように既製品のブラケット装置をそのまま装着するわけにはいかないのです。

完全にオーダーメイドで行う必要があります。

そのため裏側からの矯正治療では、歯を動かした治療後を想定した予測模型を作成し、正確にブラケットを位置づける必要があるのです。(右図参照)

裏側矯正専門の歯科技工士と連携して精密なセットアップ模型を制作する事で、より確実で効率的な歯の移動が可能となります。