舌側矯正の不安要素

人気の矯正治療

舌側矯正(裏側矯正)は、最近ではメディアなどに取り上げられるなどといったこともあり非常に人気の高い治療法になりました。

しかしながら、メディアが全ての実態を報道するわけではなく
人気のある治療法であるのと同時に舌側矯正には色々な不安要素も含んでおります。

舌側矯正

単純に「見えなければいい」ということを希望するというだけでなく審美的要求が高い患者様も増えてきているようです。

ゴールである最終的な歯のならび具合などのご希望をお持ちの方も多く相談にいらっしゃいます。

当院では、矯正医と患者様が綿密な計画と打ち合わせによって、
できるだけ患者様のご希望に沿うこだわりを持っております

質の高い舌側矯正を希望される方は、ぜひ1度ご相談にいらして下さい。

当院のこだわり@:矯正装置の少ない違和感

舌側矯正の違和感

舌側矯正の場合、よく問題となるのは 矯正装置を歯の裏側に装着するため違和感を強く感じてしまう人もいらっしゃるとのことです。

矯正医の中にも、それが理由で舌側矯正を苦手であったり「やらない」としている矯正医もいるくらいです。

当院の矯正歯科の舌側矯正装置は、
違和感を0にするというのは難しいのですが、小さなサイズの最新の矯正装置を選択しております。

実際に装着した多数の患者様にご好評頂いておりますので、ご興味のある方はお尋ねください。

当院のこだわりA:治療終了時の満足度

舌側矯正の仕上がり満足度

舌側矯正をご希望される方は、やはり審美的な意識も高い方が多いようです。

矯正治療には医療行為である以上、すべてのご希望にお応えすることはできませんが、
最初の治療開始時に矯正治療後の仕上がりを想定した模型(右図)をご用意することで、患者様のご希望を確認させていただきます。

特に前歯の並び具合などに特別なご希望がある場合は、できるだけ希望に沿う形をご提案させて頂きます。


当院のこだわりB:裏側矯正の専門歯科技工所との連携

裏側矯正専門

舌側矯正に用いる矯正装置は、
歯のどの部位に装着するかによって最終的な仕上がり具合や治療期間などにも大きく影響を与えます。

右図に示すものが専門用語になりますが「コア」というもので、
オーダーメイドに実際に治療を行う患者様の歯1本1本に合わせた装着位置を決めていきます。

このコアを制作するのが歯科技工所となりますので、
舌側矯正専門の歯科技工所と密接な連携をとっていくことが非常に大事なことです。

患者様のご希望や治療の進行状況に合わせて、矯正装置の位置決めをすべて変更しております。
そのため何度も綿密に打ち合わせを行い作成しております。

手間と時間はかかりますが、大切なところなので手は抜かずに行っております。

実際に舌側矯正を行っている方にも非常に好評ですので、お気軽にご相談ください。