マルチブラケット法とは

マルチブラケット法とは、
「矯正歯科」と言われて皆様が頭に思い描く世間一般で言われているような代表的な矯正装置です。

歯の表面にブラケットと呼ばれる小さな装置を装着し、
連続的にアーチ型のワイヤーを組み込んで、歯ならびを3次元的に調節していく方法です。


歯の1本1本にブラケットを装着して調節していくので、
歯を1本1本の単位であらゆる方向への移動させていくことが可能です。

そして、あまり知られていませんが、
実はこの治療方法は大きく以下の2通りに分けられます。

少し専門的な言葉になりますが、
「スタンダードブラケット法」「ストレートブラケット法」の2種類があります。

矯正歯科の装置は同じではありません


スタンダードブラケット法とは
それぞれの歯が連続的に並ぶように、下図のようにブラケットに通すワイヤーを曲げて調節していきます。

すべての人が同じような歯の大きさや位置関係ではないので、当たり前ですが1人1人ワイヤーの曲げ方は異なります。

この一人一人に合わせた調節法がオーダーメイド矯正と言います。


この手法は、その人にあった最良の治療(オーダーメイド)ができますが、
一人一人が違うため、矯正歯科医としての相当の技術と経験が必要です。

熟練度が低いと仕上がり・治療期間にも影響が出ます。
したがってこの手法を用いた矯正歯科医は非常に少ないというのが現状です。

では、もう一つの方法は?

「ストレートブラケット法」と言います。

スタンダード法を簡素化するために、歯に着ける金具(ブラケット)に、
きれいに並ぶための平均的な凸凹や傾き、角度(ねじれ)などをすでに組み込んでおき、既成のアーチ型のワイヤーを入れればほとんど曲げないでいいように工夫された方法です。

この手法は、スタンダード法より矯正歯科医としての熟練度が必要ないため、現在多くの矯正医・一般医によって用いられている方法です。

1回の治療時間が比較的短く済み、緩やかな力によって痛みも少ないなどの長所があります。

一見すると進歩的な方法に思えるこの手法には、 残念ながら極めて大きな欠点があります。

それは、ブラケットにあらかじめ組み込まれている凹凸や傾き、角度(ねじれ)などがあくまでも平均値的なものであることです。

しかも、現在市販されているストレート法のブラケットは、
ほとんどが白人(アメリカ)の歯の平均から導かれた標準値であり、
人種の異なる日本人とは歯の形態がかなり異なるため、残念ながら適していないと言わざるを得ません。

当院の矯正歯科医はスタンダード法を用います

矯正歯科治療をする上で大事な事は毎回の歯の動き具合をチェックすることです。

当然ですが、人によって歯の動きは必ずしも予想通りとは限りません。

毎回の治療で状態を確認し、修正を行いながら矯正治療のゴールへと進めていきます。

その都度ワイヤーの調節が必要となるため、熟練度の高い矯正歯科治療においてはこのスタンダード法が最も適した治療法となるのです。